2010年5月

送別会

2010年05月10日

こんにちまめ

五月は気候がよく、過ごしやすくていいですね。
青々と芽吹く新緑、生命の力強さを感じさせられます。

先日、三年間の研修期間を終了する研修生の送別会を開催いたしました。

三年間共にがんばってきた仲間に感謝をいたしますとともに、新たな出発の門出をお祝いする気持ちでいっぱいでした。
限られた時間の中ではありましたが、集まった皆様と和気藹々に過ごすことができました。

この三年の間、楽しみもあれば辛く悲しいことも多々あったことでしょう。


遠く離れた中国から日本にきて三年間「頑張れる源は何なんだろう?」と考えた時、

「目標・目的を持つ人間は何事にも屈することはない」ということを思います。

本当に達成したい目的・目標があれば人は強くなれます。

退路を断ち、厳しい世界に身を置くこととなっても挫けず、折れず、生きていくことができるのです。

また、三年という期間を経て技術習得と日本語を理解し、成長した姿を見ると、

「自分は同じ三年間でどれだけ成長できたのだろうか?」と自分を客観的に見て律する思いに至るのです。


そして「縁」という観点から考えたときに、大きな地球の中の小さな小さな人と人とが出会うことの不思議を考えずにはいられません。

今、世界の人口は約67億人といわれていますが、67億の内の一人、67億分の1の確立で御縁をいただきましたことに不思議な感覚を抱かずにはいられないのです。

blue-earth-wallpaper.jpg

母国に帰れられても、成長発展されますことを心より祈念しております。
本当にありがとうございました。


<   2010年5月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31